債務整理には主に4タイプの方法があります

借金がどうしても返せなくなった場合、債務整理を考える人も多いのではないでしょうか。

債務整理には主に任意整理・民事再生・自己破産・過払い金返還請求の4タイプがあります。


任意整理とは司法書士や弁護士が貸金業者と返済方法や返済額について交渉を行い、今よりも負担が少ない方法で返済を進めていく方法です。
その為借金を返さなくていいわけではないのですが、高額な金利負担から解放されるため、返済が楽になります。
ただ任意整理を行うと5年ほどブラックリストに載ってしまうため、その期間は新たな借り入れが厳しくなります。


次に民事再生ですが簡単に言うと、支払いを一部免除してもらう制度です。こちらの場合は住宅や車などの資産を手放す必要もないため、家や車など資産を手放したくない人向けです。

ただこちらも10年ほどブラックリストに載ってしまうのでその期間お金が借りられないのと、手続きが面倒なので時間がかかってしまうことが多いです。

そして債務整理の中で唯一借金が全額免除になる方法が自己破産になります。

NAVERまとめの最新情報をお伝えします。

ただ自己破産の場合は原則20万円以上の価値があるものは処分し借金の返済にあてられるうえ、10年はブラックリストに載ってしまうので新たな借金は出来なくなります。

最後に過払い請求ですが、弁護士や司法書士を通して貸金業者に払い過ぎた利息を取り戻す方法です。

過払い請求を行うことで借金が大幅に削減されるどころか、お金が戻ってくる可能性もあります。



ただ貸金業者がこちらの条件を全て飲むとは限らず、思ったほど帰ってこない場合もあります。

債務整理を自分らしく選ぶなら此方のサイトがオススメです。

もし債務整理を検討することがある場合は、自分はどの方法がいいのかをしっかり考えてから行うようにすることをお勧めします。